ライデン市クランクボード小学校の「ジャパンウィーク」がスタート!

ライデンの小学校でジャパンウィークが始まりました。この週を心待ちにしていた子供たちは先週、学校新聞を作成しました。

ジャパンウィークの開会式です。

開会式では、ライデン・長崎の姉妹都市を担当するパウル・ディルクセ教育局長が開会の辞を述べました。

開会式で行われた相撲では、同局長が行司を務めました。

続いて、ライデンの舞踊グループ「よさこい」がよさこい踊りを披露し、子供たちにも踊りを教えました。 Raiden Yosakoi

子供たちは、教室に配られた剣玉をしっかり練習します。

その後、子供たちはライデン日蘭協会のロナルド・ヒルホルストさんと、ライデン大学に留学中の比嘉璃子さんから、日本語の挨拶を習いました。

低学年の子供たちもお箸の使い方を覚えるのに一生懸命です。

日本大使館の後援で、学校には学校日本博物館が作られました。

明日は大使館の協力で、文化プログラムが、それ以降も子供たちのプログラムは盛りだくさんです。

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください